スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日午後昼の真っただ中

愛鳥が死んでしまいました。
ひょっこり顔を出したと思ったらしめっぽい話になってしまい申し訳ないです。
愛鳥の名前はくーちゃんといって、青いから空みたいだとおもって命名した、かれこれ3年の付き合いになる子でした。

セキセイインコってこんなに短命だったでしょうか
十年は生きると聞いていました。
実は私は病気を患っていて、その時に元気づけになればとか、お前がしっかりしないとこの子は死んでしまうんだぞとか
そういう願かけのつもりでも飼育していた子でした。
いわば娘のような存在だったのかもしれないです。
昨日まで元気だったのに突然死んでいたのが何よりもショックでずっと死体を撫でていました。
あったかいねお前はって褒めていた身体はおそろしいほど冷たくてあまりの別れの早さに声が出ませんでした。
あの子が最後に見た景色はどのようなものでしたでしょうか
一人寂しく逝ってしまうなんて切なすぎやしませんか。
私の病気が治る前に死んでしまってはいけないじゃないですか。
どうして気付いてあげれなかったのかわからなくて、ひたすらに後悔だけをしています。
おてんばさんで物真似がメスのなかでは上手い方で、アイドルみたいな子だったんです。
家に帰るといつも私の方にばんっと飛びついてくる可愛い愛らしい子だったんです。
それが急に大人しくなったのが昨日で、朝から病院にいって帰ってきたら死んでいたのです。
どうしてそんな簡単に死んでしまうのか出来る事なら私が代わりに死ぬべきであったとか考えてきはじめて
これはいかんなと思い嫌がって撫でさせてくれなかった身体を撫でて一杯撫でて深く深くに埋めました。
私の後ろを歩いてついてくる子はもういません。私の頭にとまって得意げに鳴く子はもういません。
水浴びが苦手で霧吹きでびしょびしょにして楽しそうにしてたあの子も、餌をくれとぴぃぴぃ雛の頃から変わらず鳴いていた子ももういないのです。

膝をついて泣きました身体を握りつぶさないように手の中で抱いていました。
どうか次は幸せな飼い主に恵まれて愛されてほしいです、今まで以上に、私以上に


安らかに眠って下さい。大好きでした。

くーちゃん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

烏丸行平

Author:烏丸行平
東方メインで絵を描いています。お手伝いとか出来そうな事があればこちらに(yukihira520☆inter7.jp)(お手数ですが@マークを☆に変えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。